淀川区 十三 西中島南方 美容室 美容院 HairMakeC'ESTLAVIE (ヘアーメイクセラヴィ)

記事

カラーリングの話。

カラーリングは大きく分けて2つあります。
染毛剤(医薬部外品)と染毛料(化粧品)です。
一般にいうおしゃれ染め、白髪染め、ヘアカラーは染毛剤(医薬部外品)に当たります。
ヘアーマニキュア、へナ、カラーリンス、カラートリトメント、酸性カラーが染毛料(化粧品)に当たります。

他にもたくさんカラーリング剤は出ていますが・・・

特徴として・・・

●染毛剤(医薬部外品)

現在世界的にもっとも広く使用されているもので、一旦染まると色持ちが2~3か月と長期的に持続します。染毛力に優れています。

■カラーバリエーションが豊富。

■黒い髪も明るく出来る。

■シャンプーをしても色落ちしない。

■使用方法しだいでは傷む。

等・・・

●染毛料(化粧品)

ヘアマニキュアの場合は、1度の使用で色素(酸性染料)の一部が髪の内部まで浸透して染毛します。
カラーリンス、カラートリートメントの場合は、リンスやトリートメントとして使用していくうちに、色素(酸性染料)が髪の表層部に徐々に浸透し、髪を染めていきます。
ただし、永久染毛剤ほどの染着力もなく、毛質よっても異なりますので、くり返しご使用になることをおすすめします。

■かぶれがほとんどありません。

■色持ちが2~3週間くらい。

■シャンプーするたびに少しずつ色落ちします。

■黒髪を明るく出来ません。

■髪の毛が傷みにくい。

等・・・

セラヴィでは、それぞれの特徴を生かし、皆様の髪の毛、頭皮のコンデションを確認しながらカラーリングをさせて頂きます。

1ヶ月、2ヶ月・・・と月日が経つにつれて髪の毛のコンデションは変化していきます。毎日のドライヤー、ブラッシング、暖房による乾燥さまざまな影響で髪に負担がかかりますので、カラーリングをするときは必ず、毛先にはトリートメントで栄養を与えてから施術に入ります。

もちろん、毛先(傷んでいる髪)にはよりマイルド(負担のかかりにくい)カラー剤を使用します。

ご自宅でのカラーリングでは出来ない、プロの技術(負担をかけないカラーリング・デザイン)をセラヴィでお試しください。

Hair Make C‘ESTLAVIE(ヘアーメイク セラヴィ)

2009-12-17 | Posted in 記事No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA